高齢者や終わった商店街を政治利用?票集め?有難いようで介護をしているものにとっては大迷惑過ぎる話です。

政治ってこういう事なのと、愕然とする話・・・。

人によっては、こんな事、文句をつける事じゃないとおっしゃるかも知れませんが、どうも納得のいかないのです。

我が家は、平均年齢80歳を超える限界集落ならぬ限界家族です。私の住んでいる市では、介護保険を使わずに長生きすると何年かに一度?健康長寿券と言うのを配布する制度があります。

お陰様で、うちの両親は、かろうじて、介護保険のお世話にはならず、何とか私と3人でかろうじて暮らしています。

健康長寿券は、多分、90歳を超えて保険を使ってないと頂けるようです。一応金券なので、商品券のように使えます。ただし、結構な金額で、3万円以上にもなり有難いのですが、使えるところが限られています。

ただし、指定された地域の商店街でしか使えない金券です。有効期限も3か月。商店街の振興組合みたいなところと、市が話をつけてる感じでしょうか?

事前に、どこの商店街へ行きたいのかを指定されます。その中から、アンケート形式で希望を聞き、そこで使える券だけを送ってくるシステムです。

年寄りが使えるわけがない・・・

若い人にとっては、苦にならないかも知れませんが、幾ら健康と言っても足腰が弱った90歳の年寄りに配ってどうするんでしょう。地域の商店街=もうオワコン(終わったコンテンツ)で使える金券は、どこで使え?と言うのが正直なところ。

今回、はっきり言って、こんな金券をばら撒いて、お客さんが来なくなった商店街を助けようとしても、無理なような気がしました。結局、唯一使えるのは大手チェーン系列の食品スーパーでしか使いません。

個人的には、この券が使える=流行ってない証拠と言う風に理解しました。唯一、まともなスーパーを入れてあるのは、こう言った我々の意見のガス抜きですよね・・・

でも、若い人に配ったら、もっとクレームになるでしょうけどね。

今さら無理だなと思う事

  1. 家から遠い(歩いていけない)、足の悪い年寄りが、買い物に行けるわけがない。
  2. 家族が車で連れて行っても、駐車場がない。
  3. 一か所で買い物が出来ないのは不便。買い回りが出来ない。(もちろん車いすで買い物なんて不可能)
  4. とにかく商品力(品揃え)が無さすぎる。魅力がない。古い。カタログショッピング。

申し訳ないけど、まともなスーパー以外は金券が使える他の商店では、使う気が起こりません。

地域の商店街=もうオワコンは、根本的に考えないといけないはず

やっぱり、タダの票集め何でしょうな・・・

なぜ、このように人が来なくなったのか根本的に考えないといけないはずなのに、こんな無駄なことして何になるのでしょうか?

一石二鳥を狙った素晴らしい施策だと本気で思っていたら、○○ですねえーーー。痛すぎます・・・・。
これが市長さんの選挙対策になり、公務員さんの出世の糸口何でしょうかね。

だから、政治家は大嫌い。こんな見え透いた事が出来るのは、凄いですねえー。

そんな政治家に仕える公務員さんも痛いねえー

こんなくだらない施策を、仕事として黙々とこなす、公務員さんと言うのもニガテだねえ。誰が考えてもおかしいと言う事をいかにもうまくできたかの様に振舞ってるかと思うとぞっとします。

商店街は、こんなことで活性化するわけないって、見なくても(最悪見たら完璧に)わかるでしょう・・・

自分なら、公務員なんて文句言ってとっとと辞めてしまうでしょうね。もちろん雇ってくれるわけもありませんが・・・子供にも将来の職業に、公務員志望なんて考えは絶対に持たせません。

こんなものをしてもらって何になるの?

もちろん、この金券を使う人もたくさんいると思います。まだ元気でしかも人の良いお年寄りなら・・・。

ただ、お店の方々も、こんなもので商店街が活性化すると思ってたら終わりでしょうね。もっと、自分たちで何かを考えて、行動を起こさないと。こんな事で票を入れてるようでは・・・。

もし、こんな記事を読んで激怒するくらいなら、よほどの暇人か、流行ってない事かも・・・。

ここまでするか?と言う怒りと絶望です。

この金券の素晴らしい使い方を見つけました。

これは、金券なので、食品スーパーではお釣りをくれました。

他のお店では、やってませんが、1枚500円なのですが50円~100円の買い物をして、お釣りを450円とかをもらう。それを繰り返していけば、仮に3万円なら、60枚x400円としたら2万4000円は手元に残ります(もちろんフィクションです)。

これなら、政治家の方も、いろんなお店を使ってくれたと言う建前は出来るし、愚策でも公務員の方もいいわけにはなるかなと。。。

こちらは、現金が入れば、他で自由に使える!ってことになります。