格安スマホ(格安SIM)の最大の弱点

結論だけ先に言っておきます!
サポートが面倒臭くて、こちら(受ける側)がグダグダになってしまう。壊れたら、仕事で大きな損害を受けることもある。心得てから、格安スマホを使うようにせよ!ビジネス用途は、自分で保険をかけておく(複数保有など)。

格安SIMのスマモバの音声通話付きブランの電話(端末は、ASUSのZenfoneGo)がいきなり使えなくなりました。

さてこの時、翌々日から出張に出るのですぐに何とかしないとなりません。この時、大手3キャリアなら近くにある代理店などで何とかなるかも知れません。ただし、Androidのみのお話で、iPhoneは、代理店レベルでは力になってくれません。(これは別の機会に記事にします)

格安SIM+SIMフリースマホを使っている場合は、故障の特定に手間がかかる

まず、3キャリアならで購入した端末なら、SIMカードもセットで購入してます。しかし、今回の場合は端末(スマホASUSのZenfoneGo)は、新品をタダで手に入れました。スマモバのSIM[カードだけ購入したのですが、基本的には、端末かカードの故障は切り分けねばなりません。

原因はSIMカードなのか?端末(ZenPhoneGo)の問題なのか?が特定するのに苦労しました。

チャットサポートも面倒くさい

ASUSのスマホ(端末)ZenPhoneGoのチャットサポート

故障のきっかけは、スマホ(端末)ZenPhoneGoにcallingが使えないと言う表示が出たので、まずはASUSのサポートなどをチェック。チャットで問い合わせが出来るので、早速アクセス。チャットでサポートを受けるためには、端末を登録しておく必要があります。

ようやくチャットを始めると、3つの方法があると順番にやるように教えられやって見ました。(やり方は丁寧に教えてくれますが、とっても面倒くさくて時間がかかります。)

結局、1番、2番も無理みたいなので最終手段の3番の初期化をする事に・・➡この初期化がまた大失敗・・・ 

しかし、端末を再起動すると、今度は、simが挿されてないとの表示。電話だけでなく、データ通信まで、アウト。そこで、simを抜き挿して見ました(ネットでよくある故障と思ったら最初にやる事)が反応なし。翌々日には、出張に出るので大慌て。

基本的には、ASUSのチャットサポートは凄く丁寧でした。

チャットサポートは、不慣れな人(初心者)や、お年寄りには向きません。

ただ、一般的にチャットサポートは、急いでるこちらとしてはやり取りが面倒臭くてイライラします。気が短い人なら心が折れるか、キレてしまうかも知れません。

お年寄りなら、根本的にチャットって意味も知らないし、使いこなすのが相当大変です。今回もPCから、問い合わせしてるのでまだやりやすいと思いますが、スマホなら、私のように、PC優先で仕事をしてきた人間でも、途中で諦めてもう一台買いに走るかも知れません。

格安SIM販売店は、故障にはタッチしない姿勢なので要注意

結局そこから、端末(ZenPhoneGo)をタダでくれた、格安SIMの販売店まで行ってみてもらいました。しかし、ここで出てきた第一声は、『うちでは代替機の貸出などは一切行っておりませんし、修理の受け付けも出来ません。』との、つれない返事。ただし、この店にあるSIMカードを挿してみてスマホが使えるようなら、おそらくSIMカードの故障です。それだけは、見てあげますとの事。

故障の特定する作業について
販売店のSIMをお借りして端末(ZenPhoneGo)に挿してみましたが、電話を掛けることが出来ました。➡端末に問題ななさそう。
こちらのSIMを抜いて、お店の端末に挿してみましたが、電話を掛けることが出来ませんでした。➡スマモバのSIMに問題がありそう

さらに、スマモバに問合せする場合、チャットサポートしかないので、こちら(販売店)では対応出来ないので、ご本人でPCの使えるところで連絡してみてくださいとの事。

格安SIMカードのスマモバさんとチャットサポートの開始

結局、自宅に帰ってからスマモバさんとやり取り開始。

故障してるかどうかのチェックは、検査キットでのやり取りになります。要は、キチンと故障の原因を特定するのが重要なので、しかも遠隔地にあるから、キットをお送りしますとのことでした。

これが、チャットなどで送付をお願いすると、おおよそ一週間ほどかかって検査キットなるものが送られてきましたが、これはただの返送用の封筒一式です。

ここに、また壊れたかもしれないSIMカードを送り返してそこで初めて検査が始まるらしいです。これで、壊れていた場合、初期不良なら無償交換になるわけです。有償交換なら、3000円(税別)が必要になります。

この返事のやり取りがあってやっと新しいSIMカードもしくは修理されたカードが手元に来るのです。多分、最低2週間はかかります。

もう間に合わない・・・時間がない!

こんなこと、仕事で使っていたら恐ろしいことになるわけです。仕事の連絡を含め、家族との緊急の電話とか全て出張の間は使えなくなると言う緊急事態です。

しかも、私の場合、翌々日から出張に行くのでどうしようもありませんでした。結局、ネットでの購入では間に合わないので、ヨドバシカメラに行ってみることにしました。

そうしたら、売り場は、小さいけど、たくさんのSIMカードがあったので、店員さんにすぐに使える(発行できる)カードでZenPhoneGoの動作確認が取れている何社かを教えてもらい、激安のフリーテルにしました(900円程)。新規発行手数料は別途かかります。

もちろん、間に合わないので、MNPもせず新規の電話番号を発行してもらいました。1時間ほどで手続きも済み、これでようやく電話が使えるようになりました。

フリーテルにした決め手は、即日発行、月額料金の安さ、さらに何と2年縛りなし、さらに、故障した時も再発行は、すぐにしてもらえるとのこと。他社では、新規の発行は出来ても、再発行には時間がかかるという話でした。

格安SIMのスマホをビジネス用途して使う場合は、このくらい調べてから、購入する必要がありそうです。

ようやくこれで、電話がつながるわけですが、相手は、誰一人として電話番号も知らないのでこちらから、全て電話番号が変わったお知らせをしないといけません。しかし、2-3週間もしたら、また、元の電話番号に復活させることも出来るわけです。

そこで、緊急にかかってきそうな所だけには、臨時の番号ですと言う事を伝えて回ってと考えたのですが、なぜか保存されていると思っていた電話番号データなどが消えてないのです。

しかし、LINEは、PCなどでも使っていたのでそこから連絡を取って何とか急場をしのぐことが出来ました。

まとめ 格安SIMには、隠された(余り知られていない)大きすぎるデメリットが存在する

故障した時の面倒くささが一番の肝である

サポートが面倒臭くて、こちら(受ける側)がグダグダになってしまいます。所詮、こんなもんだと思っておかないと疲れるだけです。

格安SIMは、iPhone同様サポートには難がありすぎます。まだまだ、成長段階で、故障などどうでもよく、まずはばらまけと言うような姿勢も見え隠れします。この姿勢は、多くの格安SIMの販売会社に見られます。まあ、安いのだから、我慢しなさいと言わても仕方がないかなと思います。もちろん言うわけありませんが・・・、体制はそんな感じです。

安いの裏返しには、サポート(修理・故障対応)は、よく考えておかねばなりません。iPhone等ではよくあると思うのですが、壊れても、修理していただくのを、じっっと我慢して待ってられるマニアの様な方なら良いと思います。

格安SIMの場合は、安くなると言う事が前提にあるわけですから、当然購入する側もきちんと理解しておかなければなりません。増してや。MNPなどしてスマホは、ドコモで購入した端末(SIMロック解除したものなども含む)で、SIMカードは、どこかの格安SIMを購入しましたと言うパターンの場合は、故障したらどうしたら良いのかと言う事を前提にしておかなければ、結構面倒くさいことになります。これも別の機会に対応方法を記事にします

端末の故障に関するオプションで保険(500円くらいから)などもあります。月々、1000円少しの料金の回線契約で、しかも、端末が2-3万円のものに付けるのもバカバカしい。さらに、タダで新品に交換してくれる保険は少ないはずです。多くは、自己負担額の目安は端末にもよりますが7000円~1万円くらいは必要です。

もし故障したと思ったら・・・

故障してからでは遅いので、いずれ壊れるものと覚悟しておいてください

緊急時には、予備の端末を持っておくなどがビジネス使いでは一番安心です。

そもそも、端末がが壊れてるのか、SIMカードの故障なのかわからないのが最大のネック。

自分で、現状お使いの格安SIMと同じタイプの端末を予備として持っておく事で、SIMカードを挿し替えて故障を切り分ける。もう一台SIMフリーの安い端末などを持っておくのも良いかもしれません(ただし、SIMカードの大きさには注意が必要です)。

もし、2台持ちが無理なら、周りの友人たちの同じタイプの端末を借りて、SIMカードを挿し替えて見る。ただし、現実には同じタイプのスマホを持つ知り合いは、中々いないかも知れません。SIMカードだけでも3種類あり、NTTドコモ系の回線のSIMカードなのか、au系なのか、ソフトバンクの場合もあります。また、Android端末なのか、i-os(iPhone)端末によっても変わってきます。

〇近くに格安SIMを取り扱う大手量販店が存在する場合

端末を持ち込んで、何とか、端末がが壊れてるのか、SIMカードの故障なのかを見てもらう。

SIMカードの故障と判明したら・・・

SIMカードを即日発行してくれる格安SIMカードを手に入れるしかありません。電話が必要でしょうから、音声通話付きのプランにする。

ただし、MNPは、格安SIMの場合、即日にMNPの為の受付番号を発行してくれるところはありません。発行には、何日もかかるのが普通です。

電話番号は、新しく取得して利用する必要があります。あくまでも非常事態の臨時回線と言うイメージなので、よく電話を利用するところにはその旨連絡する必要があります。
ですから、2年縛りの無いフリーテルは、おすすめです。

端末の故障と判明したら・・・

保証期間内ならある程度安く修理出来るはずです(時間がかかります)。もしくは、思い切って新たに端末も購入するのも一案です。

〇近くに、格安SIMを取り扱う大手量販店が存在しない場合

予備の端末も持っておらず、友人にも頼めない場合は、そもそも端末(スマホ)の故障なのか、SIMカードの故障なのか直ぐにわかる方法がありません。

格安SIMは、検査キットのやり取りで時間がかかりますが(2-3週間)、これで、SIMカードに問題がなければ、ようやく端末の故障であることがほぼ確定します。

この後は、端末メーカーとのやり取りを全て自分でやる必要が出てきます。

もし、格安SIMカードの故障とすぐにわかれば、MVNOに再発行手数料を支払って、再発行依頼をします。これが一番早いです。ネット上で申し込んで大体1週間-2週間以内には到着します。因みに、スマモバさんは10日ほどかかりました。
これでも、格安SIMカードの故障かどうかのチェックを格安SIMカードを外して、検査キットなるものでやり取りする場合よりは手っ取り早いし、楽ちんです。

格安SIMには隠された(余り知られていない)デメリットが存在する

格安SIMは、故障して初めて慌てることが多いようです。自分で、覚悟しておいた方がベターです。今はまだ、格安スマホをお持ちの人は、それなりに知識を持ち、ご自分で対処できる人が多いのかも知れませんが、これからは、一般(節約志向)の方がドンドンお持ちになるはずです。この記事を読まれたら、参考にして準備だけはされていた方が良いと思われます。

iPhoneも、故障したら大変です

iPhoneも、故障したときに気づくはずですが、基本的にはものすごい殿様商売です。あの、大手キャリアも一切、販売してるにもかかわらず故障や修理には関与しません。壊れても、購入したキャリアの代理店では、一切修理の面倒は見てくれません。

しかも、Appleさんだけは、とても数少ない正規の修理専門のディーラーでしか受け付けてくれません。数年前なら、大阪でも、Appleストア1店舗くらいしかなく、しかも予約制。修理するのに、そちらのお手すきの時にお願いします状態。代替機ももちろん予約制で、空いていたらの話。それでも、売れるのは日本人特有の我慢強さと、iPhoneブランドの神話でしょうね。

さらに、一つ忠告があるとしたら、街中のiPhoneの修理屋さんが乱立してますよね。特に、東京や大阪などには乱立してるほどです。それだけ需要(故障)があるわけです。しかも、これが店によって技術力に大幅な差があったり、粗悪品のパーツを修理に使う業者もいます。実際筆者もそういう目に東京であいました。緊急事態の時も慌てず、信頼できるお店選びが重要です。

大手キャリアのAndroidなら比較的安心・・・

たぶん街中の大手キャリアの代理店もAndroidなら、預かって修理をしてくれたりするはずです。また、その場で、代替機種を貸してくれたりもします。

自分で備えるのが一番

予備の端末を持っておけば、端末の故障かどうか分かるし、修理の間は予備を使うだけで済むので、ビジネス用には最初から2台持ちがベターです。安い端末を持っておけば良いだけです(SIMカードの大きさだけは要注意)。

格安SIMでもサポートが比較的充実しているところがあります。

おすすめはLINEモバイルと、TONEモバイル

しかし、個人的には、こどもにLINEモバイルを使わせていますが、サポートも悪いわけではないし、マイページでデータの残量が見れたり、余ったデータをLINEモバイルユーザーにプレゼントするのもぜーんぶマイページで出来てしまうのが宜しいですね。

ビジネス用として持っていても料金も安いし、SNSのカウントフリーなどもあって安上がりです。

格安SIMを選ぶときには、後で泣きを見ないように良ーく考えて選ぶ必要があります。端末(スマホ)も、比較的単価の安いモデルでも動作確認が取れているので、2台持ちには良いかも知れません。

また、TUTAYAの提携しているTONEモバイルでは、非常にサポートが充実してるのでおすすめです。年老いた父親には、これを持ってもらっています。全国のTUTAYAのショップ(取り扱い店舗には注意)でも、サポートしてくれるし、端末はTONEモバイル専用なので非常に使いやすくなっています。初心者や、お年寄り子供向けには良いと思います。

スマモバさんは、ネット上でもイマイチ評判が良いとは聞かないので、知り合いに相談されたとしたらおすすめ出来ない会社ですね。しかも、格安SIMには珍しい、24か月の縛りがあるのがちょっと悲しいですね。。。