前回の記事『バーチャルYoutuberを目指す(なんちゃってバーチャルYoutuber何ですけどね・・・)』でご紹介しました、なんちゃって、バーチャルユーチューバーについてもう少し掘り下げます。

なんちゃってバーチャルYoutuber

今回は、具体的に、キャラクターを使ってしゃべらせるところまでやってみたいと思います。

改定後の規約(過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上必要)で、稼げるのか?

『なんちゃって、バーチャルユーチューバー』・・・?

まずは、考えついたきっかけは前回の記事を、ご覧ください。

要は、従来型の『顔出し無し声出しで、しかもコピペで稼げる』は、もう無理違う?と言う所から始まっています。

未だに『Youtubeは、稼げる!競合が減った今がチャンス!』とかメールみたいなのが来ます。

そんな事、言われても私は正直ピンと来ません。何をするかキチンと明確にしないと多分上手く行くはずがない。別にチャンスでも何でもない。普通の出来事。

大体、改定後の規約(過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上必要)で、2月の20日以降にゼロから新しく始めた動画チャンネルで実際稼げるかどうかなんて、誰が知ってるのか教えて貰いたい。

わかっている事は、これひょっとして稼げないと言う事、益々やりずらくなるであろうと言う事位は、誰にでもわかります。

審査が通るかどうかは、⇒Youtubeさんのみぞ知る!

さらに、過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上をクリアー出来たとしても・・・

審査は、Youtubeさん次第。2月20日以降の審査は、どうなったかを知る人は少ない。

たまたま私の場合は、現在、審査中にまでこぎつけたチャンネルがあります。

でも、審査が通っても今度はどのくらい稼げるのかが全く不明。広告がどのくらい表示されるのかも全く不明。これらすべて、⇒Youtubeさんのみぞ知る!

こんな事くらい、自分でYoutubeをやっていた人ならわかりそうな話です。

と言う事で、手っ取り早いのが、Youtubeの規約に沿うような動画を自分で作る事ですね。

どういうものが、規約に沿うのか?そんなもの経験者ならわかるはずです。

あとは、どんな内容にするかと言う事です。これは今までの、人生経験や、趣味、興味のある事、時事、何でもいいんじゃないかなと思います。

ただし、どれも競合が激しく隙間なんて無いと思われるなら、そりゃ無理です。

元々、2月20日の規約改定の影響を受けずにチャンネルパワーが益々ついているところに参入するのはもちろん難しいと思います。

誰も教えてくれないし、もし教えてくれる人がいたら、その時点で競合する人がワンサカいるので無理ですね。

『なんちゃってバーチャルYoutuber』始めます

さて、まずは『なんちゃってバーチャルYoutuber』始めます。このサイトの動画版みたいなイメージです。

一番重要な動画の内容ですが、もちろんこんなものが儲かりますとかはありません。

得意分野で勝負しようと考えています。

メインとしては、会社や個人のメンタルをサポートするような事柄を掘り下げて行くような動画

を投稿していく予定です。

もう一つの、チャンネルでもメンタル面でのサポート動画チャンネルを始めているので、こちらでは違う観点から作って行きます。

収益モデルはアドセンスだけではありませんが、それは秘密です。

例えば、

〇就活の面接でなぜ、同じような質問をしてそれで何がわかるの?
同じような質問(台本通り)をして、同じような回答(台本通り)が返ってきて、どうやって、その人の個性を見つけるの?いつの間にか、学歴経歴で選んでませんか?

〇自分が何者かがわからない人へ・・・就活生
やりたいことがわかない・・・←よくあるパターン

〇なぜか、今の仕事に違和感を抱いている人へ・・・会社が面白くない人
居場所が無い・・・。魂の叫びを知る重要性について・・・。

みたいな感じ。

いずれ、色んなキャラクターさんに、登場してもらって色んな話題について語っていただく予定です。
1人とは限りません。

    偉そうな事を言っても、どうなるかはわかりません。とりあえずやってみたいと思います。

    平行して、検証することをあげておきます。

  1. ① 改定後の規約(過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上必要)をクリアできるかどうか?
  2. 面倒臭いので、既存のYoutubeチャンネル(登録者はゼロ)で作って行きます。

  3. ② 仮にクリアしても、そこからお金になるのかどうか?
  4. ③ アドセンス以外の収益モデルがキチンと構築できるかどうか

1本目は、このページの内容を元に動画を作って行きます。

まだ、キャラクターがしゃべっている程度です。もちろん、スクロールを入れても良いかとは思いますが、ただのコピペと思われたくないのでいれてません。

完成はこちら↓↓・・・。まだ、キャラクターはどんなのが良いかとかそう言うのは思考錯誤段階です。

最後に、この動画は、文章を考えて音声合成させました。そして、その音声ファイルをCrazyTalkに取り込んでキャラをしゃべらせます。最後に動画編集ソフトで完成させる。

これが私が考えた、『なんちゃって、バーチャルユーチューバー』の作成パターンです。