先日、『スルガ銀行「書類改ざん知りながら融資」 不正巡り調査』が日経新聞のニュースに出てましたが、同日に、日経新聞提供のTV東京のカンブリア宮殿で京都の老舗鞄店『一澤信三郎帆布』が取り上げられていました。

このスルガ銀行とカンブリア宮殿の信三郎帆布を比べてみると大変に興味深い事がありました。

動画を作りましたので是非ご覧ください。

スルガ銀行は、バブルのころの銀行と同じ

スルガ銀行は、あくまで、経営陣は、書類の改ざんを知らなかったと言う事で、一般行員レベルの責任で逃れたいと必死なようですね。

スマートデイズのシェアハウスの不動産を販売する会社に騙されたとしたいらしい。

でも、融資用の書類を改ざんするもしくは知りながら審査を通すなんて、まともな銀行マンならやりませんよね。

銀行員さんも入行するころは、まともだったのが、いつの間にかこんな銀行の雰囲気に染まっている。

30年前のバブルのころの大手銀行の蛮行を思い出してしまいます。

スルガ銀行
変わったのは名前だけ

また、同じことを繰り返してるのかと呆れてしまいました。進歩があったのは、漢字がカタカナになっただけで、昔の蛮行を繰り返すところは退歩・・・。

先日、とある大手銀行の方とお話してたら、『今時、あまりにも内部規制が厳し過ぎてこんな事出来ない』と仰ってました。

地方銀行もそれなりに管理体制が厳しいはずなのですが・・・。

さらに、融資を受けて、この投資に手を出してしまった人がいるのも30年前と同じような構図で残念です。

個人のサラリーマンの方の節税をしたいと言うニーズも変わってませんね。

一澤帆布のさんの経営スタイルは勉強になる

一澤信三郎帆布さんの経営スタイルは時代遅れのように見えて、最先端を行ってるところがものすごく勉強になります。

流通を通して販路を求めなくても、SNSなどで自然と情報が拡散され世界中からわざわざ商品を求めてやって来る

まじめに、顧客の声を聞きながら、コツコツと良いものを作り続けてるだけなんですよね。

ネット社会の拡大が、この老舗の経営スタイルに自然とハマっている様な気がします。

スルガ銀行の経営陣の方も、従業員の皆さんも、一度、TV東京の『一澤信三郎帆布』の番組を是非見てもらいたいと思います。

これからスルガ銀行さんの、後始末も楽しみにしたいですね。我々も注視して行きます。

近いうちに、信三郎帆布に行ってみたいと思います。