WordPress賢威7.0のカスタマイズで欠かせない子テーマ

賢威は、人気があり過ぎてかぶってしまう?=独自色を出したい!

WordPress賢威7.0は、ブロガーや特にアフリエイターには人気のテーマです。しかし、デメリットは人気がありすぎて同じようなデザインのサイトが目立つのも事実です。やはり、SEOに強いとか、カスタマイズし易いということが人気だと思います。

賢威のサポートがあれば、カスタマイズし易い。

カスタマイズし易いと言ってもそれなりにwordpressやHTMLの知識は必要になります。ただ、賢威には、懇切丁寧なフォーラムでのサポートが付いているので安心です。購入後のサポートで、ここまでしてくれるところは、他には無い気がします。

先日も、サポートフォーラムで支離滅裂な質問を何度もされている方を見かけました。質問者は、お気の毒ですが、wordpressやhtmlの知識が中途半端すぎるので、何が言いたいのか文脈がつかめない状態でした。それでも、すごく丁寧に応対されていたので、とても感心した覚えがあります。

確かに、賢威はそのままカスタマイズせずに使用しても問題は、全くありません。しかし、どうしても他の方のサイトとかを見ているとこう言う風にしてみたいとか欲求は出てくるものだと思います。

さらに、記事を作成していく段階でも、カスタマイズすることでより効率的に記事を作り上げることができます。

賢威のサポートカスタマイズに関するサポートについて

テーマファイルを大幅に修正することが多い

賢威のサポートフォーラムを見ているとわかりますが、やたら『functions.phpやbase.cssの何行目を修正してください。』などの文言が出てきます。

これは、賢威に限らずWordpressのテンプレートを使う場合は、頻繁におこる作業です。ご自分が、カスタマイズで納得できるように使い込むためには必要不可欠です。

こういう修正は、賢威のテンプレートの開発に関わった方たちが、教えてくれるので安心なのですが、基本的には自己責任になります。

さらに、賢威のテンプレートの元ファイルに修正を加える事になるので、万が一スペルのミスとか誤った場所に追記なども考えられます。そうすると、大変なエラーにつながってしまい、最悪の場合は、復元できなくなることもあります。

また、賢威が、大幅なアップデートを行った場合には、functions.phpなどの大幅な改変なども考えられます。このような場合には、アップデートすると、新しいfunctions.phpに上書きされてせっかくカスタマイズした内容まで上書きされてしまいます。それを、防ぐために、子テーマを利用します。

カスタマイズに必要な子テーマの運用

そのため(カスタマイズをしていく)には、どうしても子テーマを効率的に使うことが必要になってきます。

子テーマを運用することで、ご自分でのカスタマイズによる重大なミスも、簡単に復元できるようになります。さらに、賢威自体のアップデートなどの時も安心して更新が出来るようなります。(賢威も7.0は、修正がこれからも繰り返される可能性があります。せっかくカスタマイズをしていたものが更新によって上書きされてしまうのです。)

この子テーマを利用するには、Wordpressについてある程度理解を深めておくことと、htmlについて理解しておくほうがよりスムーズに使いこなせます。

WordPress版における子テーマとは・・・

子テーマを使う意味?

    賢威7.0のテーマ(親テーマ)は今後も修正がこれからも繰り返されます。この親テーマ(賢威7.0)の修正を、直接アップデートしてしまうと今までカスタマイズしていた内容が上書きされて、消えてしまう事になります。

  1. 親テーマとは別に、子テーマと言うファイルを作ってそこでカスタマイズすることであれば、親テーマ(賢威7.0本体)を最新版にアップデートしても、子テーマに作ったカスタマイズ部分はそのまま使うことが出来ます。
  2. 他の、テーマでも使えます。子テーマは、WordPressのテーマの仕組みとして用意されているので、他のテーマを使う時にも同様の使い方をしていくことが出来ます。
  3. 子テーマは、ご自分のカスタマイズしたい部分だけを利用するので、開発時間の短縮にもなります。

WordPress Codex 日本語版 子テーマ
 

賢威7.0で子テーマを使ってみる

以前は、子テーマを使う場合は、自分で作る必要がありましたが、2016年11月より賢威のサポートページに、子テーマファイルがダウンロード出来るようになりました。これを、利用すれば、簡単に、そして、安全にカスタマイズできます。

子テーマのダウンロード

さっそく、子テーマを使ってみましょう。

まず、賢威のサポートページから子テーマの圧縮ファイル(keni70_child.zipを、ご自分のパソコンにダウンロードします。)これを、解凍してください。

中には、base.css/functions.php/rwd.css/style.css/scrennshot.pngが入っています。

次に、style.cssご自分のお使いの親テーマ名に修正してください。

  1. 元のCSS

    /*
    Theme Name: 賢威7.0 スタンダード版 カスタマイズ版(子テーマ)
    Template: keni70_wp
    */

  2. 例えば、ビューティ版 GOLDなら keni70_wp_beauty_gold_201612291026

    /*
    Theme Name: 賢威7.0 スタンダード版 カスタマイズ版(子テーマ)
    Template: keni70_wp_beauty_gold_201612291026
    */

修正した、子テーマのアップロード

①style.cssの修正が済んだら、保存してFTPソフトなどを使って、賢威の親テーマがあるフォルダにアップロードします。通常は、wp-content/themes の中に 賢威7.0の親テーマなどが入っているフォルダがあります。

②もしくは、style.cssの修正が済んだら、childフォルダを、もう一度、zipファイルに圧縮します。これを、wordpressの管理画面で
外観➡テーマ➡新規追加➡テーマを追加【テーマのアップロード】をクリックでも、アップロード出来ます。

賢威子テーマ有効化

①②のどちらかで、アップロードが終了したら、テーマの一覧に、子テーマが表示されます。これを有効化してください。

まとめ

賢威では、SEOにも強いし、柔軟にカスタマイズも出来るという魅力があります。フォーラムでの情報量も多く、ここまでのサポートがあれば、安心です。とにかく、使い方に慣れてきたら、カスタマイズにチャレンジしてオリジナリティの高いサイトを作って行きましょう。

次は、アドセンスの横並びを、子テーマを使って設定してみたいと思います。